So-net無料ブログ作成
検索選択
サンゴカルシウム
原田武夫のマーケット国内外情勢 ブログトップ
前の10件 | -

ミャンマーでアウンサン・スー・チー大統領は誕生せず [原田武夫のマーケット国内外情勢]

 ~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~


⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「ミャンマーでアウンサン・スー・チー大統領は誕生せず」です。


⇒その理由は……:

 ─米欧の統治エリートが行っていること。
  それは「ヴォラティリティの創出」です。

 ─物事はしたがって一方向では進まないのです。
  あえて進まないように仕向けます。

 ─「苦難」と「安堵」。
  その交錯が演出されるのです。

 ─その度に全てが揺さぶられ、動いていきます。
  結局はそのことが世界史の本質なのです。


───────────────────────────────────
スポンサードリンク




───────────────────────────────────


ミャンマーで与党NLDが重大な決断を下したと報じられています。

外国人の配偶者を持つ者を大統領にしない」という憲法規定についてです。



新しいブログサイトへ移転しました。
ご迷惑をおかけしますが続きは下記のURLから
ご覧下さい。
長らくのご愛読ありがとうございます。
http://wp.me/p769DG-gU



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

北海道で暴風雪が吹き荒れる展開 [原田武夫のマーケット国内外情勢]

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~


⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「北海道で暴風雪が吹き荒れる展開」です。


⇒その理由は……:

 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  マーケット、そして森羅万象から宇宙までをも律する復元力の原則です。

 ─強烈な「上げ」は「下げ」を必ず伴うのです。
  北半球で生じている寒冷化はこれまでの温暖化の反動なのです。

 ─しかし哀しいかな、私たちはそれを認めることが出来ません。
  「そのままであって欲しい」と思い、そう信じるのです。

 ─その結果、惨劇が生じます。
  何の備えもしない中、激変が生じるからです。

 ─既に分かっていることが多々あるのです。
  それでも備えない私たちとは一体、何なのでしょうか?


───────────────────────────────────
スポンサードリンク




───────────────────────────────────


北海道で暴風雪が吹き荒れています。

たくさんの被害が生じている旨報じられています。




新しいブログサイトへ移転しました。
ご迷惑をおかけしますが続きは下記のURLから
ご覧下さい。
長らくのご愛読ありがとうございます。
http://wp.me/s769DG-blizzard



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

就職難の韓国で我が国での就職を当局が勧める [原田武夫のマーケット国内外情勢]

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~


⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「就職難の韓国で我が国での就職を当局が勧める」です。


⇒その理由は……:

 ─「失業の輸出」という言葉があります。
  近現代において戦乱の元凶とされてきた言葉です。

 ─かつての言葉でいうならば「矛盾の解消」でしょうか。
  需給バランスが崩れると雇用も失われます。

 ─その結果、各国は失業を輸出させるのです。
  「輸入」する側の雇用は当然、奪われることになります。

 ─最後は衣食住を巡る争いになるのです。
  公的にも支えられなくなると、奪われた側は荒れ狂い始めます。

 ─「失業を輸出するな」と。
  そうこうしている間に諸国民はいがみ合い、戦争へ突入するのです。


───────────────────────────────────
スポンサードリンク




───────────────────────────────────

韓国が自国の「就職難」のはけ口を我が国に求め始めています。

若者たちに我が国での就職を当局が勧め始めたのです。




新しいブログサイトへ移転しました。
ご迷惑をおかけしますが続きは下記のURLから
ご覧下さい。
長らくのご愛読ありがとうございます。
http://wp.me/p769DG-gS




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ふくおかFGと十八銀行が統合へ [原田武夫のマーケット国内外情勢]

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~


⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「ふくおかFGと十八銀行が統合へ」です。


⇒その理由は……:

 ─物事が動いた時、対処の仕方は2つあります。
  さらにその先を取った動きをするか、あるいは何もしないか、です。

 ─もっともこれらはいずれも更に二つにそれぞれ分かれます。
  自らを律するために先んじるか、あるいは不動となるというのが一つ。

 ─そしてもう一つは、何も考えていないからこそ不動。
  あるいは考えすぎたが故に先走ってしまうことです。

 ─これらは似ているように見えますが、根本において違います。
  自然(じねん)への適応、と言う観点においてです。

 ─不自然なのが後2者なのです。
  思考停止も、過剰な思考も正解は導き出しません。

 ─大切なのは変化の度に自省することです。
  自省によって、己を律していくのです。

 ─それしかありません、本当の生き残りのためには。
  しかしこれが意外に難しい、そう実に難しいのです。


───────────────────────────────────
スポンサードリンク




───────────────────────────────────


九州の地銀が激しく揺れ動いています。

ふくおかFGと十八銀行が統合すると報じられています。




新しいブログサイトへ移転しました。
ご迷惑をおかけしますが続きは下記のURLから
ご覧下さい。
長らくのご愛読ありがとうございます。
http://wp.me/p769DG-gc



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

世論調査の結果、57パーセントが『アベノミクスを評価せず』 [原田武夫のマーケット国内外情勢]

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~


⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「世論調査の結果、57パーセントが『アベノミクスを評価せず』」です。


⇒その理由は……:

 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  マーケット、そして森羅万象から宇宙までをも律する復元力の原則です。

 ─永続的に「上げ」はないのです。
  それと同時に永続的な「下げ」も存在しない。

 ─だからこそ「祇園精舎の・・・」なのです。
  最後は全てが崩落へと持ち込まれる。

 ─それを防ごうとすればするほど、大変なことになります。
  為すべきことはそうではないのです。

 ─むしろ大切なのは「流れ」を知ること。
  そしてそれに沿った形で身を律すること、です。

 ─それしかありません。
  それ以上でも、それ以下でもないのです。


───────────────────────────────────
スポンサードリンク




───────────────────────────────────

世論調査の結果、「アベノミクス」を過半数が支持していないことが明らかに
なったと報じられています。「保守系」の我が国新聞社によって、です。




新しいブログサイトへ移転しました。
ご迷惑をおかけしますが続きは下記のURLから
ご覧下さい。
長らくのご愛読ありがとうございます。
http://wp.me/p769DG-ga



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

長期金利が過去最低を更新し、円高進行 [原田武夫のマーケット国内外情勢]

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~


⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「長期金利が過去最低を更新し、円高進行」です。


⇒その理由は……:

 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  マーケット、そして森羅万象から宇宙までをも律する復元力の原則です。

 ─急激に動いたものは、必ずその後、逆向きに動くのです。
  そのことを踏まえないと完全に振り落されます。

 ─大事なことは目の前で起きている「現象」の向こう側を見ることです。
  これを「潜象」と言います。

 ─「潜象」をとらえておくことが未来を確かなものにすることにつながり
ます。なぜならば未来は「現在の延長」だからです。


───────────────────────────────────
スポンサードリンク




───────────────────────────────────


我が国において長期金利が過去最低を更新しています。

その一方で円高が更に展開しています。

1ドル=111円の時代への突入です。



新しいブログサイトへ移転しました。
ご迷惑をおかけしますが続きは下記のURLから
ご覧下さい。
長らくのご愛読ありがとうございます。
http://wp.me/p769DG-g8



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

復興庁が青森事務所を3月までで閉鎖 [原田武夫のマーケット国内外情勢]

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~


⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「復興庁が青森事務所を3月までで閉鎖」です。


⇒その理由は……:

 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  マーケット、そして森羅万象から宇宙までをも律する復元力の原則です。

 ─つまり「下げる」ことがなければ「上がる」ことはないのです。
  その逆もまた真なりです。

 ─上がるのであれば、まずは下がっていきます。
  「上げ」が激しいのであれば、まずは急激ん「下げ」が生じます。

 ─これは致し方が無いことなのです。
  そこに感情を抱くべきではありません。

 ─私たちは自然にその様に動いていくのです。
  それもまた当然のことです。

 ─大事なことは目先の現象の向こう側を見ること、です。
  「潜象」を見据えることです。


───────────────────────────────────
スポンサードリンク




───────────────────────────────────


復興庁が我が国において青森事務所を閉鎖すると報じられています。

3月で終わり、というわけです。



新しいブログサイトへ移転しました。
ご迷惑をおかけしますが続きは下記のURLから
ご覧下さい。
長らくのご愛読ありがとうございます。
http://wp.me/p769DG-g7






タグ:復興庁閉鎖
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

シリア内戦について停戦案で米露が合意 [原田武夫のマーケット国内外情勢]

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~


⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「シリア内戦について停戦案で米露が合意」です。


⇒その理由は……:

 ─「高貴な嘘」という言葉があります。
  統べる者が統べるために方便としてつく”嘘“を指します。

 ─そのために流布されるのがメディア論調なのです。
  自然発生的にそれが流布されるわけでは決してありません。

 ─そして統べる側が意識しているのが自然(じねん)の節目なのです。
  ただしそのことを明示的には統べられる側に言いません。

 ─そうではあっても「このこと」は事実なのです。
  統べる側は自然(じねん)を我がものにしようとするという事実です。

 ─したがって統べる側からの発言は全てそのようなものとして解釈していく
  必要があります。それが統べられる者が生き残る唯一の手段です。


───────────────────────────────────
スポンサードリンク




───────────────────────────────────

シリア内戦について米露が停戦案で合意したと報じられています。

関係各勢力に対して27日に停戦というラインで諮っています。



新しいブログサイトへ移転しました。
ご迷惑をおかけしますが続きは下記のURLから
ご覧下さい。
長らくのご愛読ありがとうございます。
http://wp.me/s769DG-syria

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

米大統領選でトランプ候補が更に躍進 [原田武夫のマーケット国内外情勢]

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~


⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「米大統領選でトランプ候補が更に躍進」です。


⇒その理由は……:

 ─この世に存在しているものの基本。
  それは「時間」と「空間」です。

 ─この二つしか基本的には存在しないのです。
  それ以外は全くないことから出発しなければなりません。

 ─デジタル化とは要するに「時間の整理」なのです。
  時間を整理することによって効率性を格段にアップさせる試みです。

 ─しかしこれだけでは限界が来るのです。
  そこで必要なのが「空間」というファクターのハイライトです。

 ─「空間の整理」が必要なわけです。
  ところがこれを皆が出来るわけではないのです。


───────────────────────────────────
スポンサードリンク




───────────────────────────────────


アメリカにおける大統領選挙予備選でトランプ候補が共和党において快進撃を
続けています。

ついには名門「ブッシュ家」すら候補を辞退しました。



新しいブログサイトへ移転しました。
ご迷惑をおかけしますが続きは下記のURLから
ご覧下さい。
長らくのご愛読ありがとうございます。
http://wp.me/p769DG-g5







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

インフレ率が世界一となったベネズエラで食糧や薬品が払底 [原田武夫のマーケット国内外情勢]

~これを読めばマーケットとそれを取り巻く国内外情勢のツボが分かる~


⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「インフレ率が世界一となったベネズエラで食糧や薬品が払底」です。


⇒その理由は……:

 ─これから起きること。
  それはハイパーインフレーション、そしてデフォルトです。

 ─もっともそれがすぐに起きるわけではないのです。
  「仕方がない」と私たちが納得するプロセスが前に仕組まれます。

 ─そのためにはあらゆる機会が与えられることになるのです。
  「とにかく、何かを始めるならば今だ」とけしかけられます。

 ─無論それによって人類がブレイクスルーを得ることもあるはず。
  ところがそうならなかった場合、オール・リセットになるのです。

 ─「その先」で何が起きるのかを、考えておく必要があります。
  すさまじいインフレの結果、何が起きるのか、を。


───────────────────────────────────
スポンサードリンク



───────────────────────────────────


ベネズエラが経済的な苦境に苦しんでいます。

数百パーセントも上昇しているインフレがその原因です。



新しいブログサイトへ移転しました。
ご迷惑をおかけしますが続きは下記のURLから
ご覧下さい。
長らくのご愛読ありがとうございます。
http://wp.me/p769DG-g3






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 原田武夫のマーケット国内外情勢 ブログトップ
そこが知りたい情報チャンネル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。